HOME
商品・サービス
ソリューション事例
会社案内
採用・求人情報
よくある質問
お問い合せ

令和4年4月1日から公的年金等の障害年金の「目の障害」の認定基準が改正されます

2022/04/01

令和4年4月1日から国民年金、厚生年金保険から支給される障害年金の障害認定基準のうち、「目の障害」について、視力評価や視野障害の認定基準が改正されます。

新しい障害認定基準により、眼の障害で2級または3級の障害年金を受給されている方は、今回の改正によって障害等級が上がり、障害年金の金額が増額となる可能性があります。

今回の改正によって、障害等級が下がることはありません。

確定給付企業年金や厚生年金基金の障害給付金の取扱いについては、加入や受給されている企業年金によって違いますので自分が所属している企業年金に直接お問い合わせをお願いします。

UP HOMEに戻る