HOME 商品・サービス ソリューション事例 FAQ 会社案内 採用・求人情報 お問い合せ

Magic

Magicデータ復旧サービス
 パソコンの障害や、停電による電源断で、MAGICのデータファイルが破損してしまい、「ファイルマネージャの異常です」等のメッセージが表示されシステム使用できなくなった。
 こんな状態からデータを救済します。

[内容]
 BtrieveやPervasiveの破損したデータファイルの、読み取り可能な部分からデータを抽出し救済します。
 お急ぎの方、まずはご連絡ください。
 都内近県の場合、営業時間内であれば訪問し状況を確認に伺います。
 (ご依頼が重なった場合等、ご期待に添えない場合があります)

お見積・お問合せはこちらから
■お見積に必要な情報
MAGICのバージョン
 例:Magic xpa、、dbMAGIC V8、dbMAGIC V5.6/V5.7 など

DATABASEのバージョン
 例:Pervasive PSQL V9、Betrieve v6.15 など

テーブル数
 データファイルの数

データ容量
 データファイルの総容量

環境情報
 プログラムやデータのフォルダの構成情報

プログラムのパスワード有無の確認
 パスワードの有無が分からない場合はプログラムをご送付下さい。
 弊社でパスワードの有無を確認いたします。

作業形態
 @プログラム・データを送付可能なので、コンバートした結果を送り返して欲しい。
 Aプログラム・データとも持ち出しが不可能なので、全ての作業を現場で行って欲しい。
※遠方でお急ぎの場合、TeamViewerを利用したインターネット経由のリモートメンテナンスソフトにて作業をお行う場合があります。


■費用
@〜Aを合算した金額となります。
@基本費用100,000〜200,000
A出張経費移動費、宿泊費、日当
※データ量、テーブル数によって変わります。


■作業時間
・半日〜2日程度
※データ量、テーブル数によって変わります。


■注意事項
・このサービスは消してしまったデータファイルを復活させるものではありません。
・データファイル自体の読み取りが不能なものは対応できません。
・プログラムが破損している場合は、対応できない場合があります。
・救済後のデータベースではデータの欠損が生じる為、データ不整合によりシステムが正常に動作出来ない可能性があります。
・ウィルス対策ソフトやファイアーウォールの設定で「ファイルマネージャの異常です」が表示されるてしまう場合があります。
 この場合、多くのケースではデータの破損ではなく設定の問題となります。


お見積・お問合せはこちらから

UP 上に戻る